専業主婦がお金を借りるにはどうしたらいいの?

家族に知られずにお金を借りたいと、思っている方は世の中にたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。家族に心配をかけたくない、家族にバレると困る支出があるなど、キャッシングを利用する理由は様々でしょうが、誰にも知られたくなければ、抜かりなく手続きを踏まなければなりません。

 

申込み方法は、WEB、店頭、自動契約機、書類の4種類があります。バレないようにするためには、書類手続きは郵送物が届くのでアウトですね。では、WEB申込みはどうでしょうか。WEBで完結させることができれば簡単ですが、キャッシングカードが郵送で届いてしまいます。そのため、WEB申込みもアウトです。

 

では、自動契約機は大丈夫なのでしょうか?自動契約機は、WEB申込みのように24時間利用できる訳ではありませんが、キャッシングカードを自動契約機で受け取ることが可能となっています。但し、自動契約を利用する場合、夜の9時半以降に手続きを開始すると、手続きを完了させることが出来ない恐れがあります。手続きをスムーズにする方法として、事前にWEB申込みを行っておくと、待ち時間を短縮することができるので、安心ですよ。

 

バレずに安心して利用するには

それから、無事にキャッシングカードを手に入れて、内緒でキャッシングをすることができたとしても、通帳に記帳されてしまっては意味がありません。通帳を普段利用しないからといっても、ネットで口座にログイン出来るようにしていたら、WEB上でキャッシングの返済や振り込み履歴がバレてしまいます。絶対にバレたくなければ、専用の口座を別個に作っておくか、ATMを使って返済とキャッシングを行うのが一番良い方法です。ATMにわざわざ出向くのは面倒ですか?ATMは、コンビニとも提携していますし、スマホで検索すればどこにATMがあるかすぐに分かりますよ。

 

キャッシング会社専用のATMの場合は、手数料がかかりませんが、提携しているコンビニや銀行のATMを利用する場合は、手数料がかかる場合があります。出金の額にもよりますが、105円〜手数料がかかります。これは、返済の場合にもかかります。中には、提携ATMの手数料が無料のところもありますので、事前に確認しておきましょう。

 

一定の収入があれば、正社員でなくてもキャッシングができますが、パートの仕事もしていない主婦の方だと、夫の了承を得ることができれば銀行系のキャッシングに限り利用することができる場合があります。この場合だと、内緒でキャッシングすることは出来ませんが、夫の理解を得ることで、キャッシングの審査が通りやすくなるというメリットがあります。

 

これは、配偶者貸付といって、夫婦の年収を合計した3分の1までを借り入れることができるという制度です。この制度を利用するには、配偶者の同意書と、住民票か戸籍謄本、配偶者の収入証明の提出が必要となります。銀行系カードローンの場合、みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行では、契約者に収入がなくても、配偶者に収入があれば上限30万円までのローンを組むことができます。
楽天銀行の場合は、上限50万円までとなっています。

 

銀行系カードローンの中には、主婦の方でも夫に内緒で申し込みすることができるものも探せばたくさんあります。銀行の方が低金利で利用できるというメリットもありますし、融資額は低くなってしまいますが、大手銀行でかりると安心というメリットもありますよね。なんといっても、バレないようにキャッシングをするには、滞納しないでしっかりと返済することが一番です。返済計画を立てて、キャッシングをしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日