キャッシング利用した後に気をつけなくてはいけない点

キャッシングする際、家族など周りの人に知られずに借入したいと考える人は多いと思います。家族に知られずに借入するには、以下にあげる3つのポイントに注意する必要があります。

 

キャッシング申込用紙の電話番号記入欄に携帯電話の番号を記入しましょう

自宅の固定電話の番号を書いてしまうと、金融会社からの確認の電話がかかってきて家族に知られることになります。必ず自分の携帯電話の番号を記入し、固定電話にかからないようにしておきましょう。

 

インターネット上ですべての手続きをします

金融会社の中にはWeb上で申し込みから審査、契約まですべて行える会社がありますので、そういう会社を選びます。申し込み後、審査のときに在籍確認の電話が勤務先にかかることがありますが、これも書類で在籍確認してくれる会社を選べば、勤務先に電話がかかることはありません。

 

会社名は名乗らず個人名でかけてくれますが、それでも嫌だと言う人は運転免許証や源泉徴収票などの本人確認書類などの必要書類をスキャンするなどして送信します。この方法だと勤務先に電話がかかることはありません。こうしてWeb上で手続きを済ませれば、自宅に郵便物が届かず、家族に知られることもないわけです。

 

自動契約機でローンカードを受け取りましょう

いくらWeb契約をしても、ローンカードの受け取りをそのままにしておくと自宅に送付されて家族に知られてしまいます。自動契約機でローンカードを受け取らとるようにしましょう。大手金融会社では自動契約機を全国に設置しています。年末年始を除く毎日、土日祝日でも夜9時ころまで営業しているところが多いので、自動契約機に赴きローンカードを受け取るようにしましょう。カードはその場で発行されます。

 

いくつか注意すべき点

これで家族に知られることなくローンカードも手に入れることができ、晴れてキャッシングできるようになりました。喜びたいところですが、ここで安心してしまってはいけません。まだいくつか注意すべき点が残っています。

 

利用明細を自宅に送付されては家族に簡単にバレてしまうからです。大手の金融会社ではほとんどがWeb明細に対応しています。自宅に郵便を送られることもなく、いつでも利用状況を確認できますので、Web明細を利用するようにしましょう。

 

返済方法にも注意が必要です。返済は銀行振り込みも可能ですが、通帳に記載された支払記録に家族が気づく可能性もあります。自分だけが使う通帳であっても、履歴が残った通帳を家族に見られてしまうこともあるでしょう。そうしたことを考えると、金融会社のATMで返済する方法が一番安心です。コンビニや銀行の提携ATMを使える金融会社もあります(手数料がかかる場合もあります)。

 

最後に気をつけなくてはいけないことは、返済が滞らないよう、きちんと計画をたてて借入・返済をするということです。返済期日までに入金がないと、金融会社から電話がかかってきます。最初は本人の携帯電話にかかっても、それでも入金されないとなると自宅に督促状がとどいたり、固定電話に電話がかかってくる可能性があります。家族に知られないためにも、返済はきちんとするべきです。

 

くれぐれも無理な借入はしないに限りますが、それでも仮に、返済が遅れそうな事情ができた場合は、自分の方から金融会社に連絡するほうがいいでしょう。無理なく返済できるよう、金融会社と話し合っていい方法を見つけることをおすすめします。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日