即日キャッシングに強い消費者金融

消費者金融は融資のスピードが早い

最近では銀行カードローンも消費者金融のカードローンも垣根があまりなくなってきて、一度契約をしてしまえばサービス内容に大きな差もなくなってきました。

 

しかし、融資までのスピードで比較するとやはり消費者金融は早いです。そして多くの消費者金融は、自動契約機を日本全国のいろんな所に設置しているので有利です。普段意識していないと見落としてしまいますが、意外な所に設置されていて驚く事もあるでしょう。

 

自動契約機の営業時間は、長い所では24:00まで利用できるものもありますが、全体で見ても銀行より遅い時間まで手続きを行う事ができます。カードキャッシングの場合はカードが手元にないと出金できません。その点で、カード発行までその場でできる自動契約機が至るところにある消費者金融は、即日のキャッシングには強いと言えます。

 

銀行カードローンでも即日カード発行可能なところがありますが、銀行の場合はどこにでも店舗があるとは限らないので、近くにないのであれば必ずしも早いとは言えないかもしれません。

 

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

銀行と消費者金融の審査は違う?

カードローンの審査は、多くの場合において即日最短30分程度で完了する事が多いです。では銀行と消費者金融ではどちらが審査に通りやすいのかといえば、一般には消費者金融のほうが審査には通りやすいと言われています。

 

銀行よりも消費者金融の審査基準が甘いというよりは、審査の項目の数が違うと考えた方が近いでしょう。消費者金融で重要視されるのは、安定した収入と信用情報です。勤務先の規模や従業員数、勤続年数などよりも、小額でも安定した収入であれば認められます。ですから、学生や主婦でもアルバイトやパート収入があれば申し込めるのです。

 

勤務先への在籍確認は基本的には必須項目になりますが、場合によっては会社に所属している事が証明できる書類を提出する事で在籍と認める事もあります。この事で要望があれば、申し込みの際に直接問い合わせてみると、スタッフが相談に乗ってくれます。

 

審査では個人信用情報機関への照会は必ずあって、借り入れの状況はここで全て把握される事になります。ですが、他社からの借り入れがあったとしても返済の遅延などの金融事故を起こしておらず、収入の3分の1を超える借り入れを行っていなければまず融資は受けられるはずです。

 

ただ、専業主婦や無職などの本人名義の収入がない人は絶対に審査には通りませんので、消費者金融だから審査が甘いというわけではないのです。逆に、消費者金融が無理でも銀行なら大丈夫な場合もあります。消費者金融では借り入れできない専業主婦の方であれば、夫に安定収入があれば銀行カードローンの利用は可能です。

 

銀行と消費者金融を比較してみると、店舗数や審査のスピードでは消費者金融のほうが便利でしょう。また多くの消費者金融で、初めての借り入れの場合に無利息の期間があったりします。

 

どういう形のカードキャッシングを利用するかは、個人の状況に応じてメリットも変わってくると思いますが、安定収入がある人で、その日のうちにキャッシングを利用したい場合は消費者金融の方が早くて確実かもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日